出会いが20歳になった夏に初めて。
両親に海のそばで友達のうちの1人に泊まり、早朝に海へ行きましょう。
出会いの母は私におにぎりとスイカをくれた。

波が立ち上がるところまでパドルして、足でボードを横切って大きな波を待ちます。
波はやって来て、必死にパドルしますが、それらは残っています。
出会いは0.5秒で決まる!?

私は何度か試してみてどういうわけか捕まった。

波のてっぺんから滑り落ちる感覚もまた角度が怖いです。
なかなか立ち上がれません。何度も、バランスが崩れて海にあります。
ドボンの後、私は波に包まれて洗濯機の中にいるようでした。
これを何度も繰り返します。
太陽が昇り、波が沈む。おにぎりとスイカを食べて、昼寝をする。

出会い中だけのシニアサーファーがたくさんいます。
海は午後から開いています。
3時に、波がまた上がり始めました。行こう。また海に3人。
午後から同じことを繰り返します。私の体は鈍くなっています。

コメントを残す

*