ばかげた日記も投稿します。

写真は2枚の手ぬぐいを縫い合わせたものです
ランチに包みました。
制作時間は2時間半。
手縫いは難しい下関の出会い
車椅子での自己破壊と股関節骨折の入院…

下関での出会いを検証 〜相席やネット、恋愛応援市民団体まで様々


その間、お姫様(猫)に面倒を見てもらいました。
お世話になった方は元ケースワーカーで防護猫としても活躍。

そこからお姫様が戻ってきます…おまけがあるようです(^ _ ^;)
あなたは余分な猫を知っています(^ _ ^;)下関の出会い
元カノの猫でしたが、守り猫になるものは色々あります。
私は元の飼い主に会いたくなかったので拒否しましたが、私は家にいないとは言わないで、猫には罪がないと約束しました。

帰宅すると元のオーナーのような浮き沈みが無いので、落ち着いた時間を過ごして欲しいです。
日曜日…結城さんと友行さんが指定した場所まで車で行きました。
ともゆきさんは駐車場はないので、立体駐車場に駐車することにしました。
車から降りると、結城友行が待っているところに向かいました…見回してみましたが、どこにもありませんでした。
「おお!私たち二人はここにいる!
知之が叫んだとき、私は知之に駆け寄った。

下関の出会い「たく〜。あなたはまだ遅れています。」
私とユキは、おそらく彼らが逃げ出したので、尽きていました。知之は怒っていなかったし、不思議ではなかった。私は回り道で寝坊した。どうやら結城はそうであるようで、私と結城は家から飛び出した。

「ちょっと待って…それは誰ですか?」
友幸の隣に息を切らして立っている女性を見た。
「ああ、私の神。」
それから女性はお辞儀をして、笑顔で自己紹介を始めました。
「三井よしみです」

智之に相応しくない気品のある美人だった。
ともゆきはいつも私をからかっていたが、今日はともゆきをからかった。
「あなたに似合わないいい妻ではないか」下関の出会い
「うるせ〜」
知之は少し内気を隠すように言った。
「じゃあ、そろそろ時間だよ!」
結城と私はともゆきと歩き続けました。
それから結城は私の服を引っ張って言った。下関の出会い
「あの二人があなたに似合う」
“はい、そのとおり…”

コメントを残す

*