出会いの人が恵まれていればいいのですが、そうでない人や精神的に苦しい人にとっては難しいと思います。
そんな人に頑張ってね!無責任とは言えません。もちろんお世話になりますが、結局は人の心のようだと思います。

私には生存権がありますが、選択する権利があっても大丈夫だと思います。
出会い者とその世話をする人は「生活の難しさ」を社会のせいにする傾向があり、今のところ治療法はなく、衰弱に耐えながら待つだけです。生きるのが難しく、自分の状態に絶望を感じる人もいるのは当然だと思います。
そんな人にとっては、生きている、希望を持っているなど、美しいことを言っても解決する方法はなく、人によっては出会いが増すだけかもしれません。
今回は、加害者とされる者は、後でそれを行うのがより面倒であり、死んだ人々でさえも十分に理解していました。
それでも、彼は生きたくないと決心し、お金で行動を起こしました。

コメントを残す

*