下関で出会いがあり何度も黙っていた

やはり、私はキャンドルで染められ、そして今度下関で出会いは私はバラで殴られそしてキャンドルは取り除かれた。
乳房は赤く、乳首は痛いです。
私が直立することを許されたとき、私は腫れた乳首を引き上げて、乳首を通して針を突き刺しました。
不本意に私は痛みにピークを迎え、私が声を上げたとき、私は黙って黙っていました。下関で出会い
針が次々に右乳首に突き刺さり、声を出さないように我慢しながら何度も頂点に達しています。

 

乳首を突き刺す場所がないとき、彼女は乳輪にも置かれました。私は約30が飾られていることに気づいた。
右側の乳首が針でいっぱいになると、左側も装飾されていました。私はあまりにも痛かったし、私はほとんど意味がありませんでした。
私が風変わりな状態にあったとき、私は針でいっぱいの乳首にタバスコを置くことができました。下関で出会い
燃えるような痛みに叫んだとき、私は叱られてギャグをかみました。
タバスコは創傷から出血し、それが私が我慢できないのは激痛です。
すべての針が引き抜かれると、血液は両方の乳首から止まりません。
私は両側に画鋲でプライヤーを見せました。
ペンチを血まみれの乳首に当てると、一気に握られました。私はサギスで激しい痛みを叫んだ。下関で出会い
乳首が画鋲を貫通しています。それが開くと、流血はさらに増えます。それは何度も繰り返され、乳首は穴でいっぱいになりました。痛みは針の比率ではありません。画鋲はとても痛い。
一番いいのは、画鋲を乳首の先端に押し当てることでしたが、それは力の中に埋め込まれていました。左右の乳首の端に画鋲が飾られていました。
そのままで、彼女は仰向けに寝かされ、両方の乳首に粗い塩を積み重ねました、そして、彼女が乳首と乳輪で一つずつ叱られるとき、白い粗い塩は血で赤くなりました。
私は血に興奮していました、そして私が私の下着をはがしたとき、私は激しい勃起を突き刺されて、私は私の胸を叱られている間私に何度も出してもらった。下関で出会い

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です